ニキビ跡の最近のブログ記事

思春期には全くできなかったニキビがまさか大人になってできるとは思っていませんでした。30代後半になってから顎や頬にポツポツとニキビができるようになりました。今まで無知で恥ずかしいのですが、ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあると知り10代の頃にできるニキビとはメカニズムが違うと知ったのです。大人ニキビは乾燥が原因だったり、新陳代謝が悪くなって起こる毛詰まりが原因だと知りました。

そこで、大人ニキビ用の洗顔料を試したところ肌もつっぱらず毛穴の汚れが取れて肌のトーンが上がってきました。それでも根本的なニキビはそこまで落ち着かず、皮膚科を受診することを決めました。皮膚科ではデュアック配合ゲルという薬を処方されました。新陳代謝を早め、血行促進してニキビの出来にくい肌にしていく薬だと説明されました。あとはニキビの炎症を抑える抗生剤を処方されました。赤いニキビができている部分は抗生剤を塗るように言われました。

不思議なことにこの2つの薬を使い始めると1週間もしないうちにニキビが減っていきました。ニキビが落ち着いている今は2、3日に1度のペースに減らすよう指示されました。基本、ニキビが増えることはないのですが、生理前などホルモンバランスが崩れている時はやはりどこかにポツッとニキビは出現します。完全になくなるまでにはしばらく時間はかかりそうです。また、食生活にも気をつけていかないと美肌は手に入らないのかなと感じています。歯が汚い女は嫌われるよね

眼の下をふっくらさせたいのに、いつの間にかおでこと口周りにニキビができていました。

おでこは前髪で隠せるのでいいものの、口周りはなかなか隠せないので、周囲の目がきになっていました。なぜか、1度ニキビができてた所に再びできていました。

 

してはいけないと分かっていても、一刻でも早く無くなってほしいという一心から、大きなニキビは潰していました。

すると、段々色素沈着を起こしはじめ、悪循環が続いたのです。

 

友人から「緑茶で洗顔するといいよ」ときいては、お茶で洗顔してみたり、「チョコを食べたらできるみたいよ」ときいてはチョコを我慢したり市販の薬を塗ってみたりといろいろと試してみたのですが、なかなかうまくいきませんでした。

 

そんな中、洗顔後に顔がつっぱることに気付いたのです。

お恥ずかしい話、私は保湿は全くと言っていい程しておりませんでした。

「まずは保湿をしっかりしてみよう」そう思った私は次の日にドラックストアへ行きました。

しかしそこにも数多くのスキンケア商品がならんでおり、どれがいいのか全く分かりません。

 

「高価なものだと続けられないし、安価なものははたして肌に悪影響はないのだろうか」

 

私が選んだものはリーズナブルなものでした。

 

その日から、洗顔後たっぷりの化粧水とクリームをつけて寝ました。

リーズナブルなので、たっぷり使っても惜しみなく使えたので良かったと思います。

するとだんだん肌に変化が起こりました。

初めに口周りのニキビが改善されました。おでこはしぶとく、なかなか落ち着いてくれませんでしたが、根気強く保湿すると改善されました。

 

ニキビは目立つので早く治したいですが、日ごろのスキンケアがとても大切なんだなぁと実感しております。

中学生の頃からニキビに悩まされています。

中学生の頃はサッカー部で外での活動が主だったので、どうしても不衛生になるし仕方ないだろうと思っていましたが、部活後に顔をしっかり洗ってきれいにしていてもなかなか治りませんでした。汗っかきという体質の影響で汗をよくかくからかもしれません。

高校生になって髭も生えてきたのでジェルと髭剃りで処理していましたが、どうしても口回りが不衛生になることが多く、ニキビも減りませんでした。顔も毎日しっかり洗っていましたが、あまり効果はありませんでした。

大学生から現在は、手入れを毎日しっかりしている電動髭剃りを使っていることや洗顔シートを使うことで以前よりはニキビは減りましたが、それでも食生活や不規則な生活が続くとどうしてもニキビができてしまいます。目元ヒアルロン酸

肌が弱いこともニキビがすぐできる原因かもしれません。髭剃りで髭を剃るときもカミソリ負けしてしまって肌がよく傷つきます。

また、頭皮もかぶれやすく、頭にもよくニキビができます。こちらはかゆくなるのでどうしてもかいてしまい、美容師さんに「皮膚科に行ったほうがいいのでは?」と言われたこともあります。かかなければニキビの数も減ったので、皮膚科には行っていません。

顔を手で触る癖があるのもニキビができる原因かもしれません。顔も頭皮も自分が癖を自覚して触らないように我慢すれば解決できる問題かもしれないので、触らないように気を付けています。

最初に「あれ?」と思ったのは、中学3年生の頃です。

クラス替えで仲良しの友人と離れ、受験シーズンもやって来て、将来への不安も大きくなる・・・

と、まさにストレスのオンパレードでした。

初めてニキビが出てきたのはそんな時です。

この時はまだ可愛い程度のものだったので、

特に丁寧なスキンケアはせずに、自然に任せていました。

 

しかし、高校生になってからは「ニキビの暗黒期」に突入してしまいます・・・。

高校に入学してから、さらにニキビがひどくなっていきました。

ひどく人目を気にして日々を過ごしていました。

 

なんとか少しでも化粧を薄くしたいと、様々なスキンケア商品を試しました。

皮膚科の薬はもちろんのこと、プ●アクティブ、●iu、●HCなどなど・・・。

ニキビケア専用商品を色々試しましたが、

どれも「まったく」効果が出ませんでした。

 

そして高校を卒業し、大学に入学しました。

生活習慣を一から改善しました。

スキンケアも自分に合ったものをまだ模索中でしたが、この時期に行っていたのは、

・「朝起きたら水をコップ1杯飲み、1時間後くらいに朝食を取る」

・「●から(商品名)の洗顔フォームを使う」

・「エレベーター、エスカレーターは使わずに、階段を使う」

 (運動のために。筋トレなどは続きませんでした。)

・「12時前には寝る」

というもの。

一時期に比べると、びっくりするほどニキビが落ち着いていきました。

 

20歳を過ぎた今でもニキビがありますが、ずっと良くなっています。

色々な経験を通して、

「自分に合った洗顔料を地道に探していく事、睡眠をきちんと取る事」

がとても大切なんだと分かりました。