髪の悩みは20代から始まりました。もともと髪が癖毛で茶色の髪色で髪の量も多い方でした。若い頃はカラーリングに興味もありパーマに加えてカラーリングも楽しんでいましたが、ある時急にカラーリング中に痛みを感じたんです。それ以降はパーマ液でも頭皮に痛みを感じるようになったので美容師さんとも相談して控えていました。しばらくは地毛の色とストレートヘアでいましたが、30代になり、やはりパーマをかけたくなりトライしたところ低刺激のパーマ液という事もあり痛みも少なくパーマをかけられるようになりました。その後もパーマは続けていましたが痛みは時々感じる程度だったのでカラーリングも挑戦しましたが頭皮に激痛が走り断念しました。40代になると、加齢のせいか髪質がすっかり変わってしまい一本一本が細く髪の量も少なくなってきました。そうなるとパーマがかかりにくくなってしまい、時間だけがかかるのでパーマを再び断念する事になってしまいました。私の場合は白髪が少なくて数本ある程度なので白髪染めの心配がないのが唯一の救いにはなっています。加齢での髪の悩みはパーマだけではなく、頭皮の過剰な油臭さが気になるようになりました。髪を洗ってもベタつきが残っていたりするんです。男性用の育毛シャンプーを使っても、今度は洗浄力が高すぎるのか頭皮が痒くて痒くて夜中に何度も目が覚めるようになりました。美容院にスカルプケアのコースがあるのでよく利用しています。頭皮が刺激に弱いようなので、低刺激の物を探している最中です。でも、パーマやカラーリングをしていない事もあり髪の傷みは少なくて毎日のケアだけでキレイな髪はキープ出来ていると美容師さんからも褒められています。

ハーブガーデンシャンプーと科学的なシャンプーとの違い|髪を育てるとは

女性なら、ツヤツヤさらさらのロングの髪って憧れますよね。私もそうです。小さい時にヘルペスで坊主にして以来、それまでと髪質が全く変わってしまいました!さらさらのストレスから、ツヤなど全く皆無な天然パーマの細い毛に。。どんだけトリートメントしてもツヤは出ない!絡まる!セットがもたない!など、嫌なところだらけで、全体縮毛を繰り返していました。縮毛矯正って、薬剤と熱を使ってストレートにするのですが。繰り返したせいで今度はダメージで枝毛や縮毛に。さらに頭皮にアトピーがあるため、乾燥するとポロポロと皮がむけてしまい、不潔な感じに悩まされてました。ある時美容師さんから、「ストレートやめて、くせ毛を活かした外人さん風にしませんか?」と提案され、困っていた私は美容師さんのオススメ通りにすることにしました。これが大正解!!ショートにすると私のくせはキレイに出るみたいで、縮毛矯正をやめて定期的に生ケラチンのトリートメントをしたら、髪質が改善しました!それでも冬場はパサつくので、お風呂上りと朝に椿油をうすーくつけています。シャンプー前には頭皮に椿油をつけて、マッサージしてからシャンプーしています。これを始めてから、頭皮がポロポロむけてしまうのもなくなりました。シャンプーは市販の物だと痒くなってしまうので、薬用シャンプーを使うようにしています。椿油はドラッグストアに売っている700円ぐらいのやつです。ストレートヘアには今でも憧れますが、今は自分の髪質に合った髪形に満足しています。

ハーブガーデンシャンプーは頭皮環境を整えるて美髪に生まれ変わる

自分の髪の毛が痛んでいるという自覚はそれほどないのですが、毎月行くヘアーサロンで、スタイリストさんに、「髪の毛がぱさついて、痛んでいますよ」と言われるので少し気にし始めました。原因としては、月に一度ではなく、4週間毎に必ずするカラーリングである事と加齢の為であると考えられます。またスポーツをしますので、洗髪の回数は、同じ年齢の女性よりかは、多い事も原因の一つであると思います。髪の毛の痛みを改善・予防の為に、ヘアーサロンで薦められるシャンプーを買った事もありましたが、効き目はそれほど感じられず、高価な事が気になって、なかなか継続できなかったという経験があり、最近は、ヘアーサロンで薦められる市販されていない業務用的なシャンプーは買わない様にしています。転居しましたので、いろいろなヘアーサロンに行く様になり、髪の毛の痛みについて相談しましたら、スーパーやドラッグストアで購入可能な質の良いシャンプーを薦めてもらいました。S社のTというシャンプーです。髪の毛の痛みという悩みがなければ、主婦としては、詰め替え用がある廉価なシャンプーを買いがちですが、そのS社のシャンプーは1000円弱なので、それほど負担ではなく、買い続ける事が可能で、使用しておりました。エキストラモイスト・ダメージケアの両方のシャンプーとリンス・コンディショナーを購入しました。使い心地は特に問題なく、気に行って使っていましたら、ある日頭皮に

湿疹ができ、かゆみがあり、驚きました。特に病気でもなく、原因はシャンプー・コンディショナーかもと思い、使用を止めてみますと1週間ほどで、かゆみと湿疹がなくなりました。せっかくお気に入りで使っていたのですが、私には合わない様でした。現在痛んだ髪用のシャンプー・コンディショナーを探している真っ最中です。

ハーブガーデンシャンプーを買う前に読むブログ

40歳も過ぎたので何か資格でも取ろうと思い立ちました。そこで色々と調べてみると行政書士ならば何とか手が届きそうでしたのでこれに決めました。

次は学習方法です。参考書と問題集とを買って独習、通信教育等もありますが、自堕落な私のこと、きっと途中で投げ出すことでしょう。そこで、資格の学校へ通学することにしたのです。平日は無理なので日曜日に3時間1コマで2コマというスケジュールです。

ところが、学生の頃とは大きく異なってしまったことが2つあったのです。1点目は3時間も集中力がもたないということでした。30分もすると眠くなったり、身体の節々が何だか痛くなったりしてきてしまいます。

そして2点目ですが、ここからが本題でして、トイレです。3時間講義ですとその間に1回休憩が入ります。一見何の問題もないように思えますが、そうではないのです。講義には流れというものがありますので、休憩時間も当然キリの良いところでとなります。100分超は当たり前、場合によっては2時間超ということもあったのです。私は現在、100分が限界のようです。これを超えるともう眠くはなりませんが、やっぱり講義に集中するのが困難になっていました。

元から集中力も長続きせず、トイレも近い方でした。しかし、ここまで短くはなかったと記憶しています。本試験はやはり3時間あるのです。もちろん、途中でトイレに行くことはできますが、本番でそんな余裕があるとも思えません。これらの事実が明らかになっただけでも、結構な金額を払いましたが通学にして良かったと思っています。まだ始まったばかり、あと1年弱あります。講義を受けながら、学力とともに集中力とトイレへの持久力を磨いていくつもりです。

参考サイト:http://www.seaheartship.com/

妊娠したときに、子宮をエコーで見てもらったところ1cmぐらいの子宮筋腫があるといわれました。

妊娠には影響のないところにあるので様子をみましょうと言われました。

それ以前に、生理痛や経血の中に血のかたまりがあるなどの自覚症状は特にありませんでした。

妊娠中は子宮筋腫がホルモンの影響で大きくなると言われ、実際3cmまで大きくなりました。

妊娠後期になり、左下腹部を触れると、常にまるく硬いものがありました。

私はそれがてっきり、おなかの赤ちゃんの頭だと思っていたのですが、

妊婦検診時に聞くと子宮筋腫だと言われ、大変驚きました。

妊娠中、子宮筋腫は特に悪さをすることもなく、無事出産をしました。

出産後も大きさは3cmのまま変わりませんでした。

その後は、子宮がん検診のときに一緒に子宮筋腫をチェックしてもらうよう指示を受けました。

生理再開後も、自覚症状は特にありませんでした。

その後、再度妊娠しました。

妊娠確定時の子宮筋腫の大きさは3cmでした。

また様子を見ることになりました。

2回目の妊娠では、大きさは3cmのまま変わりませんでした。

やはり妊娠後期になると、左下腹部をさわると、まるく硬いものがありました。

2回目も妊娠に影響することなく、無事出産しました。

産後の検診では、大きさは3cmのまま変わりないものの、膀胱にせり出しているので今後尿の回数が増えたり、もれたりするかもしれないと言われました。

実際尿もれがあり、私は産後の一時的なものかと思っていたのですが、

医師は子宮筋腫でも妊娠できる可能性もあるということで、現在経過観察中です。

3年前のある日仕事に行こうと車を運転しているといつもの様に生理痛がひどくなってきたような感じがしました。いつものことだと思ってそのまま運転を続けていると、その日は暑い夏の日だったにも関わらず冷や汗と寒気で体が震えてきたのです。腹痛はどんどんひどくなり、寒気と冷や汗で顔面蒼白。しかし道路の真ん中を走行中で急に止まる訳にもいかず痛みで震える手で何とか側道まで車をつけ、停車することができました。車内で汗びっしょりになりながら、救急車を呼ぼうか、このままあと少しの距離にある職場まで行って寝込もうかと迷いましたが、あと少しの距離頑張って職場に倒れこむことに決めました。それからは車をゆっくりと何とか運転し、職場の椅子を3個横にくっつけてベッドにして倒れこみました。クーラーもつけない暑い部屋の中でしたが、カイロを下腹に当て、冷や汗で震えながら、「次我慢できなくなったら救急車を呼ぼう」と何度もおまじないの様に唱えて時間をやり過ごしました。それから気が付くと眠りこんでしまい、数時間後に起きた時には痛みは和らいでいました。それ以来、以前より生理痛はマシになり、あのような痛みが襲ってくることはありませんでした。一度耐えれないほどの痛みを味わったので、子宮腺筋症の疑いもあり、その後の生理痛の痛みなど何とも感じなくなったのか、それとも一度大きな生理痛が人生で一度訪れればその後の生理痛は軽くなるみたいなことがあるのかもしれませんね。

18歳の頃に時折不正出血があるのと下腹部の痛みを感じ始めました。

生理不順は一切なく、生理痛も全くと言っていい程なかったので不安が芽生えました。

数回母に相談するも大丈夫の一言のみで病院へ行くこともありませんでした。

20歳の時に子宮系の無料検査が受けられるとの知らせが来て、やっと受診をしたした。

この時には不正出血も頻繁になり、痛みも酷い時には動けなくなるような痛みでした。

そして検査の結果、卵巣膿腫と診断され手術時は9センチ程になっていました。

悪性のものではなかった為に簡単な手術で済み、治るとの説明を受けました。

術後の最終診療の時に今は不正出血があるけれど、すぐに落ち着きますよと医師に言われました。

言われた通り一ヶ月程で落ち着いたのですが、半年程するとまた不正出血が起こり始めました。

その頻度は最初は二ヶ月に一度だったのが、月に一度になりました。

そしてそれに伴い、また痛みも出始めました。

不正出血も痛みも以前程ではないのですが、前も最初はこんな感じでした。

これからまた以前のように頻度が増えて行ってしまうのか、再発してしまったのではないかと悩んでいます。

私自身は医師から再発についての説明はなかったのですが、今思えば再発の可能性はあるのかどうか聞いておけばよかったと後悔しています。

そしてもし今現在再発してしまっていたとして、再発の可能性があるのであれば、また手術をしても繰り返し再発してしまうのかも不安です。

思春期には全くできなかったニキビがまさか大人になってできるとは思っていませんでした。30代後半になってから顎や頬にポツポツとニキビができるようになりました。今まで無知で恥ずかしいのですが、ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあると知り10代の頃にできるニキビとはメカニズムが違うと知ったのです。大人ニキビは乾燥が原因だったり、新陳代謝が悪くなって起こる毛詰まりが原因だと知りました。

そこで、大人ニキビ用の洗顔料を試したところ肌もつっぱらず毛穴の汚れが取れて肌のトーンが上がってきました。それでも根本的なニキビはそこまで落ち着かず、皮膚科を受診することを決めました。皮膚科ではデュアック配合ゲルという薬を処方されました。新陳代謝を早め、血行促進してニキビの出来にくい肌にしていく薬だと説明されました。あとはニキビの炎症を抑える抗生剤を処方されました。赤いニキビができている部分は抗生剤を塗るように言われました。

不思議なことにこの2つの薬を使い始めると1週間もしないうちにニキビが減っていきました。ニキビが落ち着いている今は2、3日に1度のペースに減らすよう指示されました。基本、ニキビが増えることはないのですが、生理前などホルモンバランスが崩れている時はやはりどこかにポツッとニキビは出現します。完全になくなるまでにはしばらく時間はかかりそうです。また、食生活にも気をつけていかないと美肌は手に入らないのかなと感じています。歯が汚い女は嫌われるよね

眼の下をふっくらさせたいのに、いつの間にかおでこと口周りにニキビができていました。

おでこは前髪で隠せるのでいいものの、口周りはなかなか隠せないので、周囲の目がきになっていました。なぜか、1度ニキビができてた所に再びできていました。

 

してはいけないと分かっていても、一刻でも早く無くなってほしいという一心から、大きなニキビは潰していました。

すると、段々色素沈着を起こしはじめ、悪循環が続いたのです。

 

友人から「緑茶で洗顔するといいよ」ときいては、お茶で洗顔してみたり、「チョコを食べたらできるみたいよ」ときいてはチョコを我慢したり市販の薬を塗ってみたりといろいろと試してみたのですが、なかなかうまくいきませんでした。

 

そんな中、洗顔後に顔がつっぱることに気付いたのです。

お恥ずかしい話、私は保湿は全くと言っていい程しておりませんでした。

「まずは保湿をしっかりしてみよう」そう思った私は次の日にドラックストアへ行きました。

しかしそこにも数多くのスキンケア商品がならんでおり、どれがいいのか全く分かりません。

 

「高価なものだと続けられないし、安価なものははたして肌に悪影響はないのだろうか」

 

私が選んだものはリーズナブルなものでした。

 

その日から、洗顔後たっぷりの化粧水とクリームをつけて寝ました。

リーズナブルなので、たっぷり使っても惜しみなく使えたので良かったと思います。

するとだんだん肌に変化が起こりました。

初めに口周りのニキビが改善されました。おでこはしぶとく、なかなか落ち着いてくれませんでしたが、根気強く保湿すると改善されました。

 

ニキビは目立つので早く治したいですが、日ごろのスキンケアがとても大切なんだなぁと実感しております。

中学生の頃からニキビに悩まされています。

中学生の頃はサッカー部で外での活動が主だったので、どうしても不衛生になるし仕方ないだろうと思っていましたが、部活後に顔をしっかり洗ってきれいにしていてもなかなか治りませんでした。汗っかきという体質の影響で汗をよくかくからかもしれません。

高校生になって髭も生えてきたのでジェルと髭剃りで処理していましたが、どうしても口回りが不衛生になることが多く、ニキビも減りませんでした。顔も毎日しっかり洗っていましたが、あまり効果はありませんでした。

大学生から現在は、手入れを毎日しっかりしている電動髭剃りを使っていることや洗顔シートを使うことで以前よりはニキビは減りましたが、それでも食生活や不規則な生活が続くとどうしてもニキビができてしまいます。目元ヒアルロン酸

肌が弱いこともニキビがすぐできる原因かもしれません。髭剃りで髭を剃るときもカミソリ負けしてしまって肌がよく傷つきます。

また、頭皮もかぶれやすく、頭にもよくニキビができます。こちらはかゆくなるのでどうしてもかいてしまい、美容師さんに「皮膚科に行ったほうがいいのでは?」と言われたこともあります。かかなければニキビの数も減ったので、皮膚科には行っていません。

顔を手で触る癖があるのもニキビができる原因かもしれません。顔も頭皮も自分が癖を自覚して触らないように我慢すれば解決できる問題かもしれないので、触らないように気を付けています。

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事